中学受験における塾の必要性

中学受験において、塾は必要なのでしょうか。答えは、「必要である」と言わざるを得ません。
理由はいくつかありますが、一番大きいのは小学生が取り組むものであるからです。

例えば、入試問題の特殊性。算数の問題は、大人には「数学」として学ぶ方程式に見え、何をxと置き何をyと置くか、と考えてしまうようなものが多いのです。つるかめ算などがその代表になります。

小学校では方程式など教わることはありません。算数という学問は、具体的な数値を扱っていくことがメインであるのに対し、数学は未知数を文字で置き、立式することで解を得るという抽象的な考えがメインとなっています。小学生には、この抽象的な考えというものが理解しにくいのです。

この具体的な考え方というものが、また難敵であるともいえます。
それは親世代で中学受験を経験した人が非常に少ないということにあります。子どもが受験勉強をしている中で、解けない問題が当然出てきます。塾に通っていないなら、その質問事項は保護者にぶつけるでしょう。その問題を見た保護者は方程式に走るわけです。
保護者世代で具体的な考え方で算数に立ち向かえる人はごく一部でしょう。xを使ってはいけないなら□に変えればいいとか、そういう問題ではありません。

方程式に走ることを完全に否定するつもりはありませんが、方程式を使いこなせるようにしたければそれを体系立てて教えていかなくてはなりません。それだけの時間を作れる保護者がどれだけいるでしょうか。
子どもが理解しにくい抽象論を、保護者が時間を割いて指導することはかなり厳しいものでしょう。

中学受験塾というところは、「算数」を具体的学問ととらえ、しっかりとそれを指導していく場です。
難問の中には抽象的な考えが必要なものも存在します。それは、具体的な考え方が身についた上で挑戦するのが本来の姿なのです。

小学生から通塾させることに抵抗がある保護者もいると思います。ただ、中学受験は、ごく一部の限られた子供たちの中の白熱した戦いの場なのです。中途半端な戦い方では、到底勝てないというのが現実です。
戦いには戦いのプロが存在しています。そのプロをうまく利用していくというのが賢い中学受験の戦い方でしょう。