中学受験は個人に合った塾選び

中学受験はなかなか自宅で個人で勉強しながら成果を上げることは難しいです。というのも、もちろん、市販の中学受験専門の参考書や問題集などはありますが、解答や解説を初見で理解することができる小学生、そして親がほとんどいないからです。

だからこそ、塾に通うことが重要になってきます。
しかし、この中学受験に臨む塾に関しても個人に合うあわないという観点でしっかり考えていかないといけません。

いかに大手の有名な塾であっても、本人の特性に合わなければ、実力が伸びないどころか受験を嫌がる結果に繋がりかねないからです。
たとえば、競争力のある、または常にきょうそうがあってこそ伸びるタイプと、自分のペースでしっかり実力を伸ばしていくタイプの子供がいるとします。この2つの本人の特性に合わせただけでも、塾の選び方は変わっていくわけです。

後者のタイプの場合は最大手というよりも小規模で親身になって少人数で始動してくれるところを選んで本人が納得するような学習のフローを見つけてあげることが良いと思います。
逆に前者の場合は、常にテストの成績でクラスの上がり下がりがあり、それをモチベーションとして学習をするタイプがふさわしいのではないでしょうか。